仮想通貨のマスターノードに最適!VPSサーバー「Vlutr」とPuTTYの使い方

こんにちはゴリ男です。

 

最近、暗号通貨の認知によってVPSサーバーが注目を集めていますね。

簡単なマイニングや、マスターノードの設置などに最適なVPSサーバーですが、利用者が一番最初に悩むのが

結局どこのVPSサーバーが一番いいの?

という所です。

※VPSサーバーとは?

VPSとはバーチャルプライベートサーバーの略で、1台のPCマシン上の領域で仮想的なサーバーコンピューターを何台分も起動することができる技術で作られた仮想空間です。

私たちは仮想サーバーの一定領域を料金を支払うことでレンタルすることができ、仮想領域の管理者として専用サーバーを保有することができます。

 

管理人が考える良いVPSサーバーというのは結局は

  • サーバーが安定している
  • 安価に使える(コスパが良い)
  • 分かりやすく簡単

この3点だと思っています。

 

国内にも多数のVPSサーバーのサービスをおこなっている企業がありますが、上記3点のバランスがいまいち・・・

と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで最近よく聞く名前が「Vultr」です。

海外のサイトですが、コスパの良さ、支払いや設定など操作わかりやすさ、そして最安値のサーバーでも安定感が抜群であると

話題になっているVPSサービスですね。

Vultr公式サイトはこちら

 

今回は、このVultrのアカウント作成から

実際に暗号通貨のマスターノードを設置する際の契約方法や設定方法など使い方まで詳細にまとめていきたいと思います。

 

また、VPSサーバーを利用する際に便利なリモートログオンクライアントであるPuTTYの使い方も合わせて紹介します!

 

  • 仮想通貨に興味を持ってマスターノードをしてみたいけど、難しそう・・・
  • お気に入りの通貨のマスターノードを設置したいけど家のPCじゃ無理そう
  • レンタルサーバーの使い方を知りたい(できれば安く!)

こういった方は是非目を通してみてください!

 

また管理人がホールドしている$PACに関しては、マスターノード設置の詳細を記事にしている過程で

VultrやPuTTYに関しても記載していますので、PACが気になる方はこちらを見た方が早いです!

新PAC($PAC)のマスターノードをVPSで設定する方法と手順

スポンサードサーチ

安くて使いやすい!VPSサーバー「Vultr」の使い方

Vultrは海外のサイトなので英語表記となります。

 

使い慣れてしまえば、英語表記でも使いこなすことはできると思いますが、

最初は難しいと思いますので、まずはアカウント作成からやっていきましょう。

 

またGoogle翻訳機能を使えば、英語サイトでも大体の事は理解できると思いますので、利用してみましょう。

Vultrのアカウント作成の流れ

アカウント作成は難しくありませんので、1つ1つ確認しながら進めていきましょう!

まず、こちらのリンクからVultrの公式サイトへ移動しましょう。

Vultr公式サイトはこちら

TOP画面でアカウント作成ができます。

画像の場所にメールアドレスとパスワードを設定して「Create Account」をクリック。

 

登録したメールアドレスに以下の様なメールが届くと思います。

「Verify Your E-mail」をクリックすればアカウント作成完了です。

 

Vultrへのログインと初期設定

それではログインして初期設定をしましょう。

TOP画面右上の「LogIn」をクリックします。

 

アカウント作成時に登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインをクリック。

 

左側のタグ「Billing」から支払方法を設定しましょう。(これをおこなわないとVPSサーバーがレンタルできません)

支払方法は

  • クレジットカード
  • ペイパル
  • ビットコイン
  • アリペイ

があります。

今回はクレジットカードでの支払い設定をします。

名前、住所など個人情報とクレジットカード情報を入力します。

 

尚、デポジットする金額を決めるボタンがありますが、

Vultrは基本的にクレジットカードで一定金額をあらかじめデポジットしておいて、そこから料金が支払われます。

なので、すぐにVPSサーバーをレンタルする予定の方は10ドル入金しておくといいでしょう。

 

これで、ログインと初期設定が完了です。

VultrをGoogle2段階認証アプリでセキュリティを強化する方法

仮想通貨に関係するサイトはすべてセキュリティを強化したいですよね。

VPSサーバーのVultrでも2段階認証などが利用できますので、最初に設定しておくことをおすすめします。

 

ログイン後に左側のタブから「Account」をクリックします。

その中の「Authentication」を選ぶと上部に「Manage Two Factor Auth」というボタンがあるのでクリックしましょう。

すると2段階認証の方法を選択する画面になります。

YubikeyやBuckup Codesなども利用できますが、今回は「Google Authenticator」を使って設定します。

最初から「Google Authenticator」が選ばれているので、確認したら右側の赤枠「+」をクリックします。

こちらは2段階認証設定用のQRコードとシークレットキーになります。

どちらもバックアップをとっておくことを推奨します。

完了したら「Continue」をクリック。

設定したアプリに6桁の数字が表示されていると思いますので、それを入力します。

入力したら青いボタンをクリックします。

無事に設定できた場合は、このように一覧にGoogle Authが表示されます。

これで2段階認証の設定が完了です。

Vultrでレンタルサーバーを契約する方法

それではいよいよVPSサーバーをレンタルしていきましょう!

 

左側の「Severs」タグの右側にある「+」を押します。

まずは国を選びます。

 

国は大きな差はありませんが、自分の利用している国と近ければ近いほど安定性が増すと言われていますが、

管理人はアメリカのサーバーをレンタルした際に差は感じませんでした。

 

マスターノードを設置するという点においては、あまり関係ないかもしれません。

ちなみに、国によって最安値の2.5ドルのサーバーがない事があります。

最安値のプランを使いたい場合は、色んな国のサーバーを見て決定するのがいいですね。

 

次にサーバータイプを選びます。

仮想通貨のマスターノードを設置するサーバータイプは「ubuntu」が推奨されています。

ubuntuの「16 04 ☓ 64」を選びましょう。

次にサーバーサイズです。

このサイズで料金が決まります。

基本的に最安プランの2.5ドルでも、まったく動作に影響がありません。

項目4,5,6はマスターノード設置には必要ありませんのでそのままで大丈夫です。

 

項目7ではレンタルしたVPSサーバーのラベルを設定できます。

仮想通貨名+MN1などわかりやすいラベルを設定するといいですね。(将来的に複数設置することを考えて)

全て確認したら「Deploy Now」をクリックします。

 

これで、VPSサーバーを1つレンタルしたことになります。

Vultrでは、もっとコンピュータをレンタルしたりするプランなどもありますが、仮想通貨のマスターノードを設置する分には今回の容量で十分です。

 

またマスターノードを複数設置したり、各通貨で別々のマスターノードなどを設置する場合は都度違うサーバーをレンタルする必要があります。

自分がレンタルしているサーバーの情報を確認する方法

サーバー契約後に「Severs」のタグをみると、契約中のサーバーの確認が可能です。

※この画面で「+」をクリックすると新たにVPSサーバー契約の画面へと移動します。

このように、契約中のサーバーの確認ができます。

ここで

  • ステータスの異常がないか?
  • サーバーごとの料金
  • サーバーのIPアドレス

等が確認できますが、それぞれのサーバーをクリックすることで更に詳細を見ることが可能です。

 

こちらが契約中のVPSサーバーの詳細画面です。

利用している容量やCPUの稼働率の他に、VPSサーバーのパスワードなどもここで確認します。

パスワードはサーバー設定の際に必要となるので覚えておきましょう。

 

また、右上のマークが5個並んでいるところがありますが、このアイコンでサーバーを操作することができます。

  • view console
  • Server Stop
  • Server Restart
  • Server Reinstall
  • Server Destoroy

となっています。

view console

コンソール画面につなぐことができます。

ここでコマンドを打つことでサーバーの問題などを調べることができます。

Server Stop

サーバーを一時ストップします。

Server Restart

サーバーのリセットをおこないます。

Server Reinstall

サーバーを再インストールします。

Server Destoroy

サーバーを解約します。

 

マスターノードで問題が起こって、サーバーを最初から設定する場合は「Server Reinstall」するといいでしょう。

また、このコマンドはサーバー一覧の右側の「・・・」からも利用できます。

Vultr公式サイトはこちら

VPSサーバーを設定するためにPuTTYを利用しよう

はい、ここからはおまけですが、VPSサーバーを設定するのにPuTTYを使ってみよう!

と、いうことで書いていきます!

 

VultrのVPSサーバーの設定方法を見ていくので、Vultrを利用してマスターノードを設置したい方は続けてみてください。

※尚、今回はWindows利用者に限りますのでMACなどを利用している方は別途お調べください。

 

PuTTYをダウンロードする

まずは、無料ソフトPuTTYをダウンロードしましょう!

PuTTYダウンロードページ

公式サイトに移動したら、↓の「here」をクリックします。

32ビットか64ビットでダウンロードするソフトが違うので、自身のPC環境に合わせてダウンロードしてください。

↓のソフトをダブルクリックするとインストーラーが起動しますのでインストールします。

インストールが終わるとPuTTY起動アイコンが生成されます。

PuTTYを使いVPSサーバーの設定をする。

 

PuTTYを使ってVultrのサーバーにログインしてみましょう。

VPSサーバー情報が必要なので、どちらも起動しながら進めていきます。

PuTTYをダブルクリックして起動させます。

PuTTYにVPSサーバーのIPアドレスを登録する。

そう、何度も使うところではないかもしれませんが、複数MNを建てたり、毎回VPSサーバーアドレスを調べたりするのが面倒な方はラベル登録しておきましょう。

準備ができたら「Open」で開始します。

VPSサーバーにログインする

まずはログインします。以下を入力してエンターキーを押してください。

root

続いてVPSサーバーのパスワードを求められますのでVPSサーバー情報からコピペしましょう。

※ペーストは右クリックでおこないます。また、パスワードは視覚的に見えませんが右クリックすればコピペされていますので、エンターキーを押してログインしてください。

 

成功すると↓の画像のようになります。

ログインが出来ました。

この後は、各マスターノードに必要なコマンドがあるので、それを入力していきます。

スポンサードサーチ

VPSサーバー VlutrとPuttyを使って建てられる他のマスターノードは?

マスターノードのシステムを取り入れている暗号通貨は多数あります。(将来性があるかないかは別として)

MNを取り入れている通貨の中でいちばん有名なのがDASHですね。

 

管理人がホールドし続けている$PACをはじめ、本当にたくさんあります。

他の通貨を一覧にするとこんなにあります。

Dash (DASH)
PIVX (PIVX)
SysCoin (SYS)
Zcoin (XZC)
Blocknet (BLOCK)
SmartCash (SMART)
StakeNet (XSN)
Deviant (DEV)
PACcoin (PAC)
PURA (PURA)
ION (ION)
GINCoin (GIN)
PHORE (PHR)
ColossusCoinXT (COLX)
Bitcoin Green (BITG)
MEDIC Coin (MEDIC)
HexxCoin (HXX)
The Freedom Coin (TFC)
ALQO (XLQ)
Crown SN (CRW-SN)
Crown (CRW)
Diamond (DMD)
MonetaryUnit (MUE)
Polis (POLIS)
CaratusCoin (CARAT)
SIBCoin (SIB)
BitSend (BSD)
Bulwark (BWK)
Dynamic (DYN)
PayDay Coin (PDX)
ZOIN (ZOI)
Stipend (SPD)
APR Coin (APR)
NeosCoin (NEOS)
GoByte (GBX)
Aegeus (AEG)
BetKings (KNG)
Zest (ZEST)
Solaris (XLR)
Kore (KORE)
TransferCoin (TX)
APEIRON (APEIR)
Monoeci (XMCC)
Kreds (KREDS)
TRITTIUM (TRTT)
ExclusiveCoin (EXCL)
Bifrost (FROST)
Civitas (CIV)
Graphcoin (GRPH)
Social Send (SEND)
Galactrum (ORE)
Denarius (DNR)
Memetic (MEME)
Neutron (NTRN)
Crave NG (CRAVE)
Bitcloud (BTDX)
NOS (NOS)
Rupaya (RUPX)
Pure (PURE)
Terracoin (TRC)
NextON (NXTON)
SwapCash (SWAP)
KEYCO (KEC)
Force (FOR)
BiblePay (BBP)
Ignition Coin (IC)
Vsync (VSX)
OPCoinX (OPCX)
Digital Price (DP)
Infinex (IFX)
JIYO (JIYO)
Smart Quorum (SQR)
Absolute (ABS)
MIRQ (MRQ)
ExtensiveCoin (EXTN)
BitRewards (XBR)
STRAKS (STAK)
United Crypto Community (UCOM)
Wino (WINO)
Condominium (CDM)
Kreita (KRT)
Magnet (MAG)
VIVO (VIVO)
NihiloCoin (NIHL)
Dystem (DTEM)
AdultChain (XXX)
Digiwage (WAGE)
Nodium (XN)
Motion (XMN)
Ultranatum (ULTRA)
Shekel (JEW)
RENOS (RNS)
Kalkulus (KLKS)
Parlay (PAR)
CareBit (CARE)
XUEZ (XUEZ)
Innova (INN)
Masternodecoin (MTNC)
MasterBit (MBC)
Tiered masternode CropCoin (CROP30000)
Tiered masternode CropCoin (CROP10000)
Tiered masternode CropCoin (CROP20000)
Advanced Technology Coin (ARC)
MarteX (MXT)
GanjaCoin (MRJA)
MYCE (YCE)
SagaCoin (SAGA)
Xuma (XMX)
Machinecoin (MAC)
Escrow (ESCO)
GENERO (GNRO)
RELIANCE (REL)
Numus (NMS)
INSaNe (INSN)
High Temperature Coin (HTRC)
MAKETRIP (MTRIP)
IPSUM (IPS)
Giant (GIC)
Bitradio (BRO)
QBIC (QBIC)
Pentanode (PTN)
CREAM (CRM)
Beetle Coin (BEET)
MarbleCoin (MARCO)
ARTAX (XAX)
LITEX (LTX)
Satoshicoin (SATC)
Criptoreal (CRS)
LightPayCoin (LPC)
Airin (AIRIN)
Gainer (GNR)
Crypto Improvement Fund (CIF)
Tiered masternode Olympic Coin (OLMP10000)
Tiered masternode Olympic Coin (OLMP20000)
Tiered masternode Olympic Coin (OLMP5000)
Tiered masternode Olympic Coin (OLMP50000)
Tiered masternode Olympic Coin (OLMP1500)
Phantomx (PNX)
ZIXX (XZX)
EXUS Coin (EXUS)
Nyerium (NYEX)
Bitcoin Lightning (BLTG)
RAPTURE (RAP)
Las Vegas Coin (VGS)
Harvest Coin (HC)
PRINTEX (PRTX)
FOLM (FLM)
NYXCOIN (NYX)
EPIC (EPIC)
Zealium Coin (NZL)
ARION (ARION)
CoinonatX (XCXT)
SUB1X (SUB1X)
Intermodal Coin (IMC)
HiddenTalk (HTK)
HashRentalCoin (HARC)
Bitcoin Incognito (XBI)
Capital Coin (CAP)
Akencash (AKN)
SCORE (SCORE)
Worx (WORX)
Ducat Coin (DC)
VYIGRAT (VYI)
Desire (DSR)
DIXIcoin (DXC)
CHEESE (CHEESE)
Eternity (ENT)
GambleCoin (GMCN)
MADCOIN (MDC)
HeldCoin (HLDC)
CryptoCashBack (CCB)
AXS (AXS)
HIGHLAND (HLD)
Tiered masternode BYTEPAY (BEPAY50000)
Tiered masternode BYTEPAY (BEPAY100000)
Tiered masternode BYTEPAY (BEPAY20000)
Tiered masternode BYTEPAY (BEPAY75000)
Northern (NORT)
Gossip Coin (GOSS)
Dextro (DXO)
Tiered masternode Flea Coin (FLEA6000)
Tiered masternode Flea Coin (FLEA20000)
Tiered masternode Flea Coin (FLEA40000)
Tiered masternode Flea Coin (FLEA80000)
FSS Coin (FSS)
EarnzCoin (ERZ)
Cosmo Coin (CMOS)
LUNIQUE (LUQ)
Oyster Platform (OYS)
Elliotcoin (ELLI)
Sucre (SUCR)
CrowdCoin (CRC)
Baxur (XUR)
DigiMoney (DGM)
ZCore (ZCR)
Ellerium Project (ELP)
ZacaCoin (ZACA)
AQUILA (AQA)
Brig (BRIG)
KRAIT (KRAIT)
Rover Coin (ROE)
Vantaur (VTAR)
MagnaCoin (MGN)
Bithold (BHD)
Nanucoin (NNC)
Delor (DLR)
ELIQA (ELIQA)
Accolade (ACCO)
TOBA (TOBA)
Zmining (ZMG)
ARGO (ARGO)
H2O (H2O)
BU-GO (BUGO)
Jolt Gas (JLG)
COREZ (CRZ)
Interzone (ITZ)
Masternode Community Coin (MCC)
Bitcoin Final (BTCF)
MamboCoin (MMB)
BANQ (BANQ)
MotileCoin (MIE)
FriendshipCoin (FSC)
01coin (ZOC)
Ximant (XNT)
Vetani (VET)
Rampant (RCO)
GoaCoin (GOA)
Ragnarok (RAGNA)
SmartSpace (SMRT)
AlphaCoin (ALP)
YICOIN (YIC)
Alanis (ALS)
LuckyBit (LUCKY)
ALMEX (ALMEX)
Advance (ADV)
MTI Coin (MTI)
Utum (UTUM)
MoneyBag (MNB)
TIMECoin (TIMEC)
CUBEX (CUB)
CHARM Coin (CHARM)
Coin2Fly (CTF)
BashCoin (BASHC)
HERB (HERB)
Solarium Coin (XLRC)
Elbrus (EBS)
Zenad (ZND)
Stake (STAKE)
DEMOS PAY (DEMOS)
OneUp (1UP)
Cerberus (CBS)
RaceCoin (RACE)
Kraken Coin (KC)
DiscountCoin (DSC)
Wilo (WILO)
StoneCoin (STONE)
TravelPay (TRP)
Fexchange (FXC)
SuperLumic Coin (SLC)
Hera Coin (HER)
VIZZOTOP (VIZZ)
ProfitHuntersCoin (PHC)
Frozen (ICE)
MOUSE (MOUSE)
Astrum (ASTR)
Innoket (IKT)
SAROS (SAROS)
Ferrum Coin (FRM)
Community coin (CMC)
XaruCoin (XAR)
League Coin (LGA)
Tec-AX (TECAX)
ZULA (ZULA)
RADIUS (RADIUS)
YOBA Coin (YOBA)
Versus (VRE)
CAZ Coin (CAZ)
Rhenium (XRH)
FantasyGold (FGC)
Apollon Coin (XAP)
SPARKS (SPK)
SimpleBank (SPLB)
Galilel (GALI)
Prufus (PRUFUS)
TokugawaCoin (TOK)
OMEGA (OMEGA)
Akula (AKL)
Slash (SLASH)
Essence (ESS)
Lumen (LEN)
PUSHI Coin (PUSHI)
Dinero (DIN)
SCRIV (SCRIV)
Bitcoin Monster (MON)
Agena (AGN)
CurveCoin (CURV)
CubisCore (CUBIS)
Zalias (ZLS)
BravoCoin (BRV)
ULTIMA (ULT)
ExSolution (EXT)
Blazarium (BZM)
Adirondack (ADR)
LUNEX (LUNEX)
TUNE (TUN)
Enox (ENX)
BitSolo (BSL)
Fornix (FIX)
ProtonCoin (PROTON)
NIBEX (NIBEX)
DesignCoin (DSN)
Stannum Coin (SNC)
XEON (XEN)
PHOBOS (PBS)
Pyro (PYRO)
PlatoPay (PPX)
KINGSTON (KGX)
NERO (NERO)
FEIRM (XFE)
Endorphin (END)
WantCore (WANT)
Virtus (VRT)
Enchant (ENCH)
Nitrous (N2O)
LILI Coin (LILI)
Guardian Coin (GDNC)
DynamoPay (DYO)

 

聞いたことがある通貨や、気になる通貨があればマスターノードを検討してみても良いかもしれませんね!

 

僕のオススメですか?

それはもちろん$PACですよ!

 

2017年12月~2018年1月の盛り上がりはただのバブルですが、

PACほど開発がしっかりと進んでいてそれをこまめホルダーに連絡をしている通貨を僕は他に知りません。

暗号通貨$PACの2018年前半の動きや開発状況まとめ

仮想通貨のマスターノードに最適!VPSサーバー「Vlutr」とPuTTYの使い方まとめ

以前、暗号通貨の$PACのマスターノードを設置する記事でVultrやPuTTYの使い方を書いたのですが、

「他の通貨のマスターノードを設置する場合はどうすればいいですか?」

というお問い合わせが多かったため、新たに記事をまとめてみました。

 

僕の意見としては、他のマスターノードを設置するならPACがいいよ!

と言いたいですが、人それぞれホールドしたい通貨は違いますからね(笑)

 

また、マスターノードの設置に関する記事もまとめていますが、

「どうしてもできない!」

「途中で挫折した」

「面倒そうでどうしても一歩が出ない」

という方も結構いますね。(気持ちはよくわかります!失敗する謎の恐怖とかありますね 笑)

 

そういった方は、SPP(シンプルポスプール)を利用してみるのも手かもしれません。

シンプルポスプールは、共有ポスプールや共有マスターノードに参加できるサービスサイトです。

使い方も簡単で、手数料もたったの5%!!

取扱い仮想通貨も$PAC、XP、SHNDなど日本でも人気が高いコインを中心に41種類もあります!

今後もどんどん増えていくことでしょう!

SPPが気になる人は↓の記事も読んでみてください!



スポンサードリンク


取引高NO.1の取引所BINANCE

バイナンス公式サイトは→http://bit.ly/BINANCE-Registratio

ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコイン・トークンも取り扱っている国内取引所Zaif