意外と奥深い!CryptoKittiesで好みの猫を探すには?注目機能はこれだ!

はい!管理人です。

前回までは、CryptoKittiesを始める為の準備やら説明やらで長くなってしまいました。

今回はいよいよ、CryptoKittiesをゲームとして楽しみます!

 

仮想通貨って何?必要な準備も全く分からない人はこちら!

前回の記事:サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方(準備編)

仮想通貨イーサリアムを持っていてCryptoKittiesを始めたい方はこちら

前回の記事:サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方(導入編)

スポンサードサーチ

CryptoKittiesで猫を飼うには?

右上の「Marketplace(マーケット)」に入ると↓の様な画像に移動します。

この画面では、猫を買ったり猫の繁殖権利を買うことができます。

マーケットの画面の見かた

マーケットではいくつかのタグがありますので説明します。

  • For Sale
  • Siring
  • Gen 0
  • All Kitties

という4つのタグがありますね。

それぞれ説明します。

For Sale

販売されている猫のマーケットの実を見ることができます。

Siring

繁殖権利(種付け)でマーケットに並んでいる猫のみを見ることができます。

Gen 0

Genとは世代の事です。

Gen0の猫は、つまり初代の猫ということで、一定期間でこの場所に産まれてきます。

Gen0のメリットは、繁殖力が早いことと、猫の持っている特徴が完全ランダムなところです。

 

ここにいる猫は時間と共にどんどんと価格が下がっていく、競売の様なシステムになっています。

All Kitties

販売・繁殖権利・Gen0すべての猫をまとめて検索できます。

マーケットで猫を買うには

販売も繁殖権利もプレイヤーが競売のように価格を下げていく価格の付け方もできますし、定額での販売も可能です。

このように、様々な猫をマーケットで購入することで自分の猫として入手することができます。

 

マーケットでこだわり検索の方法などもありますが、それは後述しますね。

猫をマーケットで買ってみる

それでは、実際に猫をマーケットで買ってみましょう!

適当な猫を選んでクリックすると、その猫の詳細が見れます。

 

  • 猫の容姿
  • 猫の名前
  • 猫のID
  • Gen
  • クールダウンスピード
  • オーナー
  • 価格(価格の変動域)
  • 特徴
  • Bio
  • 子供

等が見れます。

購入の際に注目すべきは現在の価格です。

また時間の経過で価格がいくらからいくらまで下がっていく競売なのか?を見ることもできます。

この画像の猫の場合は0.1ETHスタートで最終的には0.006ETHまで価格が下がる事を表しています。

 

購入する場合は右上の黄色いボタン「Buy now」をクリックで↓の画面へ。

※違う猫ですが撮影した時間が違うため、ご了承ください。

ここに書いてあることは、0.0141ETHをdlwiestさん(相手のオーナー)に払って、「Gen4-Otaku Parent」(猫の名前)が自分の所に来ます。

といったような内容が書かれています。

また、ピンクの部分は注意書きとなっていて「Gas(転送時の手数料)」が異常に高くなることがあり、その場合はやり直してください。

といったようなことが書かれています。

購入手続きに進む場合はオレンジ色のボタン「OK,buy this Kitty」を押すとMetamaskが起動します。

このように自動で立ち上がってきます。

  • Amount:ここに猫の価格が表示されます。
  • Gas Limit:ガスの量を設定します。最低21000からですが現在込み合っている為、表示される量じゃないと上手く転送できないことが多いです。
  • Gas Price:ガスの価格を設定します。基本は25となっています。多くすればより早く送ることができますが規定値で良いです。
  • Max Transaction Fee:ここではGasでかかる費用の合計が表示されます。今回の例で言うと0.003399ETHとなります。
  • MaX Total:ここが猫の価格+Gasの手数料の合計が表示されます。

価格を確認してOKであれば緑のボタン「SUBMIT」をクリック。

Gasを自分で設定する場合は「RESET」(普通は使いません)

この取引自体をキャンセルする時は赤ボタンの「REJECT」をクリックします。

「REJECT ALL」は、過去の取引をクリックしていて他のブラウザを触ったりするとどんどん取引が保留で溜まります。

その取引を全てキャンセルする時に使うボタンです。

 

「SUBMIT」を押すとMetamaskの「SENT」の画面に取引した時間などの簡易的な履歴が残ります。

 

購入すると右上のタグ「My Kitties」から自分が飼っている猫を見ることができます。

↑このように持っている猫がぞろぞろと表示されます。

※googleの日本語訳が発動してしまい、変な表記になっています。

スポンサードサーチ

猫のマーケット(市場)でお好みの猫を探す方法

CryptoKittiesを続けていると段々と分かってくるのですが、繁殖などで重要なのが「猫の特徴」です。

この様々な特徴を持つ猫同士の組み合わせ次第で違う猫が産まれてくることに気づきます。

 

つまり、最初はマーケットで適当に猫をチョイスしていたのが、段々とこだわりが出てくるわけですね(笑)

そんな時に使えるちょっとした機能を紹介します。

 

  • 各猫を条件でソートする「Sort by」
  • フィルター機能で猫の生態で絞り込む機能「filter result」
  • 特徴や名前などを直接入力する検索機能

の3つを駆使して目当ての猫を探していきます。

各猫を条件でソートする「Sort by」

マーケットの右上あたりにある「Sort by」をクリックすると、更に以下の4つが出てきます。

Youngest first

初期設定では、これになっています。

最も新しく市場に出品された猫から表示されます。

Oldest first

もっとも古く市場に出品された猫から表示されます。

Cheapest first

最も価格が安い猫から表示されます。

Most expensive first

最も価格が高い猫から表示されます。

 

とくに価格を最安値でソートできる機能はよく使うので覚えておきましょう!

フィルター機能で猫の生態で絞り込む機能「filter result」

「Sort by」の下にある「filter result」を使うとフィルター機能です。

フィルターは以下の3ジャンルがあります。

Kitty Type

猫のタイプを選べます。

ノーマル・ファンシー・Exclusiveの3種類です。

現在はExclusiveの猫はまだいません。

FANCY(ファンシー)の猫とは、鳥・水夫・サンタなど、見た目が通常とは異なる猫です。

Generation

Generationは猫の特徴でGenと表記されている部分です。

つまり世代の事で、基本的には世代が若いほどクールダウンが早い傾向があります。

以上の事からGenが若い世代の猫の方が人気が出やすいです。

Cool down

クールダウンとは、猫の特徴の一つで「繁殖」をおこなった猫がどれくらいで回復するか?に関係します。

クールダウンは1分から1週間まであり、どれだけ貴重な猫でも繁殖を繰り返すとクールダウンが長くなっていってしまいます。

この事から、クールダウンが早い猫の方が人気があります。

特徴や名前などを直接入力する検索機能

マーケットの上部にはテキストボックスがあり、そこで自由に入力して検索することができます。

このように、猫には特徴があり、身体的な特徴もかなりの種類があります。

オススメの検索方法は、この特徴を直接入力して検索して目当ての特徴を持った猫を探すという方法です。

この検索と先に紹介したフィルター機能、ソート機能を組み合わせて好みの猫を探していきます。

CryptoKittiesで猫を飼ってみた!好みの猫を探すには?まとめ

今回は実際にCryptoKittiesの市場で猫を購入して、自分の猫を飼う所までを紹介しました。

結構細かいところまで説明しましたが、単純に1匹だけかわいい猫を所持したい!

というのであれば、そこまで深く考える必要がありません(笑)

 

次回はいよいよ、CryptoKittiesの醍醐味でもある「繁殖」をしていきたいと思います。

CryptoKittiesを始める人の大半は、かわいい猫ゲームをしたいだけではなく「イーサリアムを稼ぎたい」という方です。

そういった方の為にも、今後もCryptoKitties情報を共有していきます!

次回記事:CryptoKittiesを極めたければ繁殖を極めろ!猫の繁殖の基本



スポンサードリンク


取引高NO.1の取引所BINANCE

バイナンス公式サイトは→http://bit.ly/BINANCE-Registratio

ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコイン・トークンも取り扱っている国内取引所Zaif