サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方(導入編)

前回に続いて、サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方をまとめます。

前回は、仮想通貨を知らない人でもわかるように、準備するものをまとめました。

前回記事:サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方(準備編)

 

前回はパソコン+インターネット環境とイーサリアムの準備をする必要があると書きました。

今回は、いよいよCryptoKittiesのアカウントを作成してゲームをプレイできるようにしていきます。

スポンサードサーチ

CryptoKittiesをはじめよう!

まずはCryptoKittiesの公式サイトへ移動しましょう。

 

最初はサインインしようとすると、Metamaskの導入画面が出てきます。

まずは、Metamaskの導入について書いていきます。

 

1.CryptoKittiesの公式サイトへ移動する

初期画面でMetamaskを導入する案内がありますので、ピンクのボタンをクリック。

2.Google chromeの拡張機能でMetamaskを導入

右上の緑色のボタンを押すと、Metamaskを導入できます。

↓このように、導入後はブラウザ上の右上にアイコンが出現します。

3.Metamaskを起動させる

右上のアイコンをクリックすると、初期設定が始まります。

「ACCEPT」を押して次に進みます。

Metamaskのパスワードを設定します。

 

イーサリアム(資産)の財布となる場所のパスワードなので、強固なパスワードにしましょう。

設定が終わったら「CREATE」をクリック。

パスワードの代わりとなる12の単語が表記されます。

コピーしてローカル保存したり、コピーして保存などしましょう。

終わったら上のボタン「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリック。

まだCryptoKittiesのアカウントがないので、これから連携させる作業をします。

4.CryptoKittiesでサインインする

右上の赤枠の部分から、サインインを試みるとアカウント作成に移ります。

一番上にMetamaskのウォレットアドレスが入ります。

 

その下にはメールアドレスとアカウント名を入力しましょう。

アカウント名は、好きな名前を付けることができます。

全て終わったら、一番下のピンクのボタン「Save acount info」を押します。

Metamask側でSignを押せば連携が完了します。

5.CryptoKittiesにログインしてみる

さっそくCryptoKittiesにログインしてみましょう。

まだ猫を飼っていないので、この画面になると思います。

右上のサインインから表記が変わって「My Kitties」「Marketplace」「Invite」の3つとなります。

  • 「My Kitties」:自分の飼っている猫の一覧
  • 「Marketplace」:猫の市場へ移動する
  • 「Invite」:友達にCryptoKittiesを紹介する

の3つになります。

主に使うのは左側の2つですので、覚えておきましょう。

 

さーてさっそく猫を・・・

焦らないでください!

 

まずは落ち着いてMetamaskの使い方と所持しているイーサリアムウォレットを連携させて、準備を勧めましょう。

6.Metamaskの使い方

Metamaskには、他のイーサリアムウォレットを連結させて使う機能があります。(後述します。)

 

アカウント名の設定

ちょっと醜いですが「Account 1」の部分はウォレット名となります。

「edit」ボタンから、任意のウォレット名へ変更することができます。

アカウントの残高

赤枠の「0ETH」となっている部分には、ウォレットの残高が表示されます。

ETH表記の下には「USD」出の表記があります。これはアメリカドル換算での表記となります。

アカウントの履歴

SENTの部分には取引履歴が表示されます。

CryptoKittiesでおこなった取引の履歴もここに表記されます。

 

こちらが、実際に僕が利用しているアカウントの画像です。

右上の「・・・」をクリックすると、いくつかの機能が出てきますので説明します。

  • View account on etherscan
  • Show QR code
  • Copy address to clipboard
  • Export Private Key

この4つの機能について解説します。

View account on etherscan

アカウントのイーサリアムの過去の履歴を見ることができます。

Show QR code

アカウントのウォレットアドレスのQRコードを表示します。(ウォレットアドレスも表示します)

Copy address to clipboard

自分のウォレットアドレスをコピーします。(誰かにウォレットアドレスを使って取引する際などに使います。)

基本的にCryptoKitties上ではMetamaskは連携していますので、この機能は使いませんが、個人的なやり取りなどで使う事もあるので覚えておきましょう。

Export Private Key

アカウントの秘密鍵をエクスポートする機能です。

6.Metamaskを持っているイーサリアムウォレットと連結する

既にイーサリアムを所持している人は、

どこかしらのウォレットにイーサリアムを保管していると思います。

 

そのウォレットをMetamaskと連結する事で、

Metamaskに送金などしなくてもCryptoKitties上で利用できます。

Metamaskの右上にある「三」マークをクリックすると、画像の様な一覧が出てきます。

ここから「Import Account」をクリックしてみましょう。

インポートするウォレットを、どのように導入するかを選びます。

「Private Key(秘密鍵)」か「JSON File(JSONファイル)」を利用します。

今回は、簡単な秘密鍵で導入します。

僕が普段イーサリアムの保管に利用してる「MyEtherWallet」を起動して、秘密鍵をコピーします。

この赤枠部分に秘密鍵が表記されていますのでコピーしてMetamaskにペーストしましょう。

終わったら「IMPORT」をクリックすると、「MyEtherWallet」の残高がMetamask上に表記されます。

 

この時点で、初期のMetamaskのアカウント「Account 1」と追加したMEWのウォレット「Account 2」の2つがあります。

わかりやすいようにAccount1を「トレード用」Account2を「MEW保管用」など自分で分かりやすいように変更するといいでしょう。

7.Metamaskのアカウント間で通貨を移動させる

Metamaskにはいくつものウォレットを連結させたり、アカウント作ったりできますが、

それぞれのアカウント間でイーサリアムを簡単に移動することができます。

アカウントの「SEND」をクリックします。

上の枠では既存のアカウントを選んで選択します。

その下のテキストボックスでは移動させるイーサリアムの量を入力します。

完了したら「NEXT」をクリック。

どのアカウントから、どのアカウントへ何通貨移動するかここで確認できます。

 

Gasというのは、イーサリアムを移動させる際に必要な経費みたいなもので、混んでいると高くなり空いてると安くなります。

上記の画像だと、1ETHを移動させるのに「0.000787ETH」の手数料がかかっています。

 

一番下はトータルのコストが表記されています。

確認が出来たら「SUBMIT」を押せば手続き完了です。

止める場合は「REJECT」を押せば取引自体がキャンセルとなります。

サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方(導入編)まとめ

CryptoKittiesを実際に始めるまでに長くなってしまいましたね。

やってみると簡単な手続きなのですが、説明入りだと長くなってしまいます(汗)

まとめると

  • Metamaskの導入は必須
  • Metamaskは他のウォレットと同様にパスワード等はしっかり管理
  • CryptoKittiesのアカウントを作って準備万端にしておこう

以上!

次回はいよいよ、CryptoKittiesで実際に遊んでみるぞー!

スポンサードサーチ

CryptoKittiesの基本についての他の記事はこちら

サルでもわかる!猫育成ゲームCryptoKittiesの始め方(準備編)

意外と奥深い!CryptoKittiesで好みの猫を探すには?注目機能はこれだ!

CryptoKittiesを極めたければ繁殖を極めろ!猫の繁殖の基本

CryptoKittiesで最も楽しいFANCY猫の繁殖(作り方)を徹底解説!

CryptoKittiesをやり込みたい人向け!おすすめサイト・機能一覧



スポンサードリンク


取引高NO.1の取引所BINANCE

バイナンス公式サイトは→http://bit.ly/BINANCE-Registratio

ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコイン・トークンも取り扱っている国内取引所Zaif