VPSサーバー(vultr等)が再起動した際にMNも自動的に再起動する設定方法

ゴリ男です。

 

PAC公式Discordコミュニティにて、COOのEricさんからMNの設定についての発言がありました。

こちらは、YOUTUBEでBradさんとEricさんとの対話で

「待ち行列内の順序を失うことなく、ネットワーク上のMasternodesをどのように再起動しますか?」

という内容があり、その流れからの設定方法の公開となったと思われます。

 

この設定はVPSサーバーが何かしらの問題で再起動した際に、マスターノードも自動的に再起動するものです。

今回は、この設定方法の手順を説明したいと思います。

 

VPSサーバーは普段触らない人も多いと思うので、操作を忘れてしまったという方は、以前の記事も参考にしてみてください。

新PAC($PAC)のマスターノードをVPSで設定する方法と手順

 

※この設定によってMNの待ち順番が「リセットされるかされないか?」については言及がないため、確認中です。

待ち時間がリセットされないのであれば、それが最も良いですが、リセットされてしまったとしても最速で再起動できるので設定しておいて損はありませんね。

VPSサーバーが再起動時にMNを自動的に再起動させる設定方法

※注意

今回の設定手順は「root」ユーザーでVPSサーバーを設定した人へ向けての記事となります。

rootユーザー以外で設定した方は、違う手順となるためご注意ください。

PuttyでVPSサーバーと接続する

まずはVPSサーバー設定時に利用したPuTTYを起動しましょう。

MN用のVPSサーバーと接続してOpenしてください。

 

続いて「root」を入力します。

その後にパスワードを求められるので、VPSサーバーのパスワードを入力しましょう。(表示はされませんが右クリックでコピーできます。)

これで、自分のVPSサーバーを接続完了です。

コマンドを入力して設定する

続いて、以下のコマンドをコピペしましょう。

printf '%s\n' '#!/bin/bash' 'sleep 1' '/root/paccoind' 'exit 0' | tee -a /etc/rc.local && chmod +x /etc/rc.local

その後エンターキーを押します。

↑の画像のように表示されればOKです。

設定が完了しているか確認する方法

今回の設定が上手くできているか確認する方法があります。

 

以下のコマンドをコピペしましょう。

cat /etc/rc.local

その後エンターキーを押します。

この様に表示されれば設定がうまくできています。

設定できていないときの表示は?

このように、最後の方の表示が違いますので確認しましょう。

PACウォレットは操作する?

こちらはPACコミュニティの方の情報ですが、実際に再起動がかかった際に

MNのステータスが「new start」と表示されていた場合は、

PACウォレットで「start alias」の操作が必要かもしれないとのことでした。

 

MNのステータスはこちらで確認して、表示によってはPACウォレットの方でも操作が必要になるケースもありそうですね。

VPSサーバー(vultr等)が再起動した際にMNも自動的に再起動する設定方法まとめ

今回は、VPSサーバーが再起動してしまった際に、MNも自動的に再起動する設定を行いました。

 

冒頭でも書いたとおり、この設定によって再起動時に報酬発生の順番がリセットされるかされないかは確認中です。

分かり次第追記させていただきますので、なにか情報を知っている方はご連絡いただければと思います。

 




大注目のSPPでPACを複利運用してみました!登録方法から実際にSPPへの入金まで画像つきで書いてみました。他多数の暗号通貨もあるので見てください。

取引高NO.1の取引所BINANCE

バイナンス公式サイトは→http://bit.ly/BINANCE-Registratio

スポンサード リンク


ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコイン・トークンも取り扱っている国内取引所Zaif