PACコインのシェアマスターノードができるSIMPLE POS POOLの使い方

今回は、MN分以外の余分なPACコインをSPPという呼び名で話題の

SIMPLE POS POOL(シンプルポスプール)

を利用してシェアマスターノードに参加してみたいと思います!

 

使い方を完全解説していきますので、見ていきましょう!

 

以前、PAC公式推奨のシェアマスターノードである、PAC SHARED MASTERNODEも利用しているので、

PAC公式の推奨環境でシェアマスターノードを行いたい方はそちらの記事も参考にしてみてくださいね。

PACを公式推薦のPAC SHARED MASTERNODEのサイトを利用してみた!

Contents

SPPの名で話題のSIMPLE POS POOL(シンプルポスプール)とは?

SIMPLE POS POOL(略してSPP)は日本でも既にかなり認知されている

シェアマスターノードサービスをおこなっているサイトです。

 

本来は規定数持っていないと設置できない通貨のマスターノードを、

SPPでは少量から参加できるようにしてくれるというサービスです。

 

つまり、サイト運営側では、複数人の通貨の枚数を合わせてマスターノードを設置することで

MN報酬を得てそれを分配してくれるという仕組みです。

 

もちろん、サイト運営側にも数%の手数料を払うことにはなりますが、

MN分を確保できていない人にとっては枚数を確実に増やしていくことができるの人気のサービスとなっています。

 

※今回はPACコイン目線で書いているのでマスターノードを中心に書いています。PoSマイニングが行える通貨でも似たように枚数が多いと有利になるという事になります。

 

SIMPLE POS POOL(シンプルポスプール)で取り扱っている通貨は?

  • PACCORE Coin
  • Trtt  Coin
  • SHND Coin
  • EMB Coin
  • XP Coin
  • MUTUAL Coin
  • LINDA Coin
  • BUZZ Coin
  • LAMBO Coin
  • BWS Coin
  • XGOX Coin
  • BITB Coin
  • DUTCH Coin
  • NMD Coin
  • XGOXDARK Coin
  • HOLD Coin
  • B3 Coin
  • VTAR Coin
  • VARIUS Coin
  • SNCZ Coin
  • SHARD Coin
  • CROP Coin
  • PIVX Coin
  • SATC Coin
  • ROE Coin
  • SPD Coin
  • PHR Coin
  • HTRC Coin
  • STRATIS Coin
  • PURE Coin
  • CLUBCOIN Coin
  • BITG Coin
  • DEV Coin
  • EXTN2 Coin
  • FROST Coin
  • Olmp Coin
  • SATC Coin

どんどん増えて、なんと30種類以上!(※2018年6月現在)←頻繁に入れ替えあるようです。

かなりの種類の暗号通貨がありますよね!

我らがPACコインをはじめマスターノード系の通貨も多数ありますが、XPなどPoSマイニング系の人気通貨もあります。

SIMPLE POS POOL(シンプルポスプール)のメリット

  • マスターノードPoSマイニングの専門知識がなくても簡単に参加できる
  • アカウントの登録料が無料
  • 管理費用が無料
  • 手数料がMN(PoSマイニング)報酬の3%のみ

SIMPLE POS POOL(シンプルポスプール)のデメリット

  • サイト閉鎖などによる通貨損失の危険性がある。(今の所、安全性は高いですが可能性が0ではない)
  • サポートが日本語対応していないので、ある程度の英語力が必用(Google翻訳を使えば大体の人は大丈夫だと思いますが)
  • PACコインに関してはPAC公式サイトの推奨サイトではない。(PACではシェアマスターノードのおすすめサイトがいくつか公開されていますが、こちらも全て英語でSPPよりも利用が面倒な為、今の所SPPが人気です。)

SIMPLE POS POOL(シンプルポスプール)の使い方

シンプルポスプールの使い方を紹介します。

難しい部分は殆どありませんが、こういった事に慣れていない人は参考にしてみてください。

まずはSIMPLE POS POOLの公式サイトへ移動してください。

サイト登録手順

サイトへの登録は難しくありませんが、英語表記なので迷う方もいるかもしれません。

画像を参考に進めてみてください。

まずはアカウントを作っていきましょう!

SPP公式サイトのTOPページから「REGISTER」をクリックします。

基本情報を入力して、チェックマーク部分をチェックして「CREATE ACCOUNT」をクリックします。

そうすると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

このようなメールが届きますので「Click to activete your account」をクリックします。

これでサイト登録及びアカウント作成は完了です。

ログインする。

そうするとログイン画面になりますので、ログインします。

Googleの2段階認証を設定する。

ログインをしたらまずは、右上にある2段階認証を設定してセキュリティを高めましょう。

Googleの2段階認証アプリのGoogle Authenticatorは仮想通貨に関わっている人であれば皆さん入れていると思いますので、細かい説明は割愛します。

しっかりと設定をしてセキュリティを万全にしましょう。

暗号通貨を入金(Deposit)する

それでは早速、自分が利用している暗号通貨を入金していきましょう!

僕はPACコイン愛好家なので、今回はPACコインを使っていきます!

まずは画面右のメニューから「Deposit」をクリックします。

このように、全てのコインが表示されていますので、自分の目当ての暗号通貨を探しましょう!

PACCORE Coinがありました!

この中の「Generate Deposit Address」をクリックしましょう。

次にこちらの確認事項が表示されます。

何が書かれているかと言うと

「私は、預金は、ステーク報酬を生成する入力に追加されることを理解します。 ステークの報酬には特定の時間も日付もありません。 私が撤退を命じ、コインが生成インプットの1つに入っているなら、私は賭けが起こるのを待たなければなりません。」(直訳)

意味としては、こちらのアドレスに入金するコインはMN(PoSマイニング)をするための預金となります。報酬発生には特定の時間や日付はありません。

既にMNなどに設定したコインを出金をする場合は報酬発生を待たなければいけません。

という注意書きとなります。

OKであれば「I understand, show me the address」(わかりましたアドレスを表示します)をクリック。

このようにQRコードとアドレスが表示されますので、どちらかで送金することができます。

赤文字の部分は

「私たちはウォレットバージョン120301を使用しています。デスクトップウォレットを使用する場合は、同じバージョンを使用していることを確認してください。」

このように利用しているウォレットのバージョンを公開しています。

バージョンを合わせてくださいという注意書きですね。

※上記のアドレスは管理人のアドレスなので送金しないでください。

※PACウォレットのバージョンを確認するには、起動後に「Tools」→「情報」→「クライアントのバージョン」を見てください。

SIMPLE POS POOLの公式サイト

PACウォレットから送金する

それでは、先程表示させたアドレスにPACウォレットから送金しましょう。

送金はウォレット以外にも取引所からでもOKとのことですが、僕は慎重派なのでウォレットからしか送ったことがありません。

 

PACウォレットからの送金は、一度はやったことがある方が多いと思いますので、簡潔にお伝えします。

PACウォレットを起動して「送る」のタグをクリック。

  • 送り先:先程SPPのサイトで表示させたPACアドレスを入力
  • 金額:送りたいPACコインの数
  • ラベル:こちらは任意でOKです。(空欄でも大丈夫です。僕はSPPとしました。)

入力が終わったら「送る」をクリック。

PACウォレットのパスワードを入力して「OK」を押すと送金完了です。

 

PACは送金が早いので大体10分程度で着金しました。(もっと早かったかも)

ウォレット側では「取引」タグで確認できます。

一番左のアイコンがチェックマークになっていると送金完了しています。

時計のマークだと、まだ処理中ですので気長に待ちましょう。

登録したアドレスにも、入金(デポジット)が成功した連絡が届きます。

SPPでシェアリングマスターノードに参加する。

それではいよいよ大詰め!

PACのシェアリングマスターノードに参加しましょう!

 

まずは左のメニューの中から「Masternode」野中の「 Available Masternodes」を選択します。

すると、こちらが表示されます。

 

左上の部分を見てください。

入金した26000PACが表示されています。

 

全コインが表示されますのでPACCOREを探します。

画像だと中段あたりにPACCOREが4列ほど表示されていますね。

PACCORE列の右の方に「Participate」をクリックします。

すると、PACコインのシェアマスターノードがズラッと表示されますので一番右の「Participate」がプラス(緑表示)になっている場所を探しましょう。

この緑の「Participate」がなければ「空きがない」ということになるので、空きが出るまで待つしかありません。(PACはかなり人気なので埋まり勝ちです。)

「Participate」をクリックしましょう。

「Participate」をクリックすると、自分の持ってるPACコインから何枚シェアマスターノードに入れるか選びます。

PACコインは10000枚単位で入れることができます。(管理人は1000枚単位と勘違いしてました;)

と、いうわけで今回は20000枚入れます!

枚数を選んだら下の「Participate」ボタンを押せば完了です。

自分のマスターノードの状況を確認する

「Masternode」タグの「My Masternode」をクリック。

このように、「My Masternode」では自分が入金しているマスターノード一覧を一覧でチェックできます。

ステータスやスロット数など確認できるので、自分がどれだけ持っているか?を知りたければここを見ましょう。

SIMPLE POS POOLの公式サイト

PACコインのSIMPLE POS POOLを利用した報酬は?

ついに1回目の報酬が発生しましたのでお知らせです!

まずはこちらを見てください。

管理人は今回2口20000PACをSPPのMNに入れました。

報酬は393.3PAC

1口あたり1回の報酬が約197PACとなります。

通常のMNは50口分ですので、50倍すると?

197 ✕ 50 = 9850 PAC

となり、新報酬10350PACから手数料を引いた分の報酬がしっかり支払われていることを確認できました!

SPPにPACを入れてから報酬発生までの期間(初回)

あれ?SPPに投入してから2日と10時間しか経過してないぞ?

通常のMN報酬は現在6~7日間隔(2018年6月現在)となっていますが、これはどういうことでしょうか?

 

管理人の予想では

「既にMN運用している枠を運営が補填して動かし続けていて、そこに良いタイミングで私が参加できた」

のではないかと推測します。

 

例えば50万枚を複数人から集めて運営しているとして、

たとえ誰かが出金したとしても運営はMNをいちいち停止させるとは考えづらいです。

 

運営が残りのPACを補填して動かしつつ、空いた枠のPACをサイト内で募集するとスムーズですからね。

おそらく、このぽっかり空いた枠に管理人の20000PACが入り込めたので、2日程度で報酬がもらえたものと思います!

 

しかしSPP太っ腹ですね!稼働時間を計算して支払われるのかと思ったら、フルで貰えるなんて!

いや、まだ初回だからフルでもらえたかどうかはわかりませんが、額を見るとフルに近いでしょう!

 

引き続き2回目の報酬の間隔や金額も報告しますのでお楽しみに!

SPPで複利運用をしてからしばらく経過のご報告

この記事を作成してからしばらく時間も経過しまして、自前のマスターノードで発生した10350PACを

こまめにSPPへ送り空き枠があったら入れるを繰り返しておりました。

 

そうこうしていると、共有サーバーをいくつも所持していることになり、ある日の報酬発生がこちら

1枠で196.65枚の報酬が発生するので、参加している枠数報酬が発生しています。

 

2018年6月現在の自前のMN報酬発生は7日前後とかなり間隔が長くなってきているので、

1つのMNで報酬を発生させっぱなしはやはりもったいないですね。

 

SPPに送って小さいながらもこつこつ複利運用しておくことで、

少しでも多くのPACを増やしていくことが可能であることを実感しました。

SIMPLE POS POOLの出金方法をおさらい

出金方法がわからない・・・

と、いった連絡を何度がいただきましたので、実際に僕が出金手続き(Withdraws)をして説明していきたいと思います!

出金方法1:自分のPACウォレットの受信アドレスを作成する。

まずは、SPPから出金した際に自分のPACウォレットへ送ってもらう受信アドレスを作成しましょう。

※PACウォレットの操作に慣れている方は基本ですので読み飛ばしてください。

まずは、自身のPACウォレットの「受信」タグを押してください。

その後に「ラベル」にSPP受信用のアドレスだと分かりやすい名称を付けましょう。(例だとSPP)

最後に「支払をリクエストする」をクリックすれば受信アドレスが完成します。

 

こちらの画像ですとSPPアドレスが作成済みですが、その下にある「表示」というボタンを押すと受信アドレスが表示されます。

このようにラベルと受信アドレス、QRコードなどが表示されます。

「アドレスをコピーする」を押すとアドレスをコピーできます。

このアドレスを次項で使用します。

出金方法2:SPPにPACウォレットの受信アドレスを設定する。

SPPにログイン後、左側の「Withdraw」の中の「Manage Address」をクリックします。

次の画面で、PACウォレットの受信アドレスを設定しましょう。

リストは↓の画像のようにテキストボックスの右側の「▼」を押すとリストが出てきます。

すべて入力したら「SAVE」しましょう。

 

これで、PACの受信アドレスが登録できました。

出金方法3:SPPからPACウォレットに出金手続きをする

それではいよいよ出金の手続きです。

Withdraw内の「Withdraw Coins」をクリックしましょう。

ずらりと暗号通貨のリストとロゴが並ぶので、そこからPACCOREを探して「Withdraw」をクリックします。

次の画面では、先ほど登録した受信アドレスが既に設定されています。

出金したい金額(PACの枚数)を入力しましょう。

2段階認証のパスワードを入れたら「Withdraw」をクリックします。

※ここのWithdrawを押したら即時送金されます。いまいちど確認してください。

送金が成功すると↓の画像のように緑枠で送金したというメッセージが表示されます。

出金方法4:手続き後のSPP内でのWithdrawの確認方法

一応、SPP内での送金後(出金後)の確認ができる場所も紹介します。

左側の「Actuvuty」の中の「Withdraw and deposit」をクリックします。

このタグでは、入出金の動きを確認することができます。

真ん中の▼を押すと各項目があるので、そこから確認したい項目を選びます。

「Pending Withdraw」では送金中のコインの確認ができます。

送金が終わったら「completed Withdraw」に表示されるようになります。

 

「completed Withdraw」に表示されると同時に、登録メールアドレスに連絡が来る仕組みとなっています。

メールで確認しても良いですね。

その後、自分のPACウォレットを確認してみましょう。

このように、しっかりと届きました!

時間は1時間くらいかかりましたね、SPPは入金も出金も少し時間がかかります。

SIMPLE POS POOLの知っておきたい使い方

SPPの空き枠がない!

シンプルポスプールでは様々な通貨を扱っていますが、

その中でもPACのシェアマスターノードプールはかなり人気が高くあっという間に枠が埋まってしまうことも多いです。

(最近では300以上の空き枠が新たに用意されましたが約1日でほぼ売り切れ状態に!)

 

↓のDiscordコミュで枠の確認をしてもいいですが、

管理人のツイッターでも空き枠をつぶやいたりしていますので、よければフォローしてください。

@fukugyo_kun

こんな感じでつぶやいてます!

SPPの他の通貨のマスターノードやPOSプールはどうですか?

現在30種類以上もの暗号通貨を取り扱っているSPPですが、

XPやShndなど日本でも人気があるものから、あまり聞いたことがないものまであります。

 

あまりにひどい通貨はSPPも扱わないでしょうから(また、扱っていても取扱中止になった通貨もあります)

新しい通貨で共有POSや共有MNに参加してみるのも美味しいかもしれません。

 

手順はどれも一緒で、簡単に参加できるのでいろいろチャレンジしてみても面白いですね。

https://masternodes.online/

こちらのサイトでマスターノード一覧とROI(報酬割合)などもチェックできるので、気になる通貨をさがしてみましょう。

SPPのYOUTUBE動画

SPP公式のYOUTUBE動画がありますので、いくつか掲載しておきます。

SPP内のタグ「Activity」の操作動画

説明はありませんが、動画を見るとActivityタグでどのような操作や情報の確認ができるかがわかります。

  • Withdraes and deposit
  • Stakes
  • Masternode
  • Referrals

基本的に使う事が多いのは「Withdraes and deposit」と「Masternode」です。

Withdraes and depositは入金出金の情報を確認できます。

Masternodeでは、発声した報酬を確認することができます。

※動画ではマスターノードがある通貨を扱う前なので、マスターノードタグがありませんが、現在ではありますのでご安心ください。

SPP内で暗号通貨の情報確認の操作動画

こちらの動画では、ログインから暗号通貨の情報確認までの動画となっています。

  1. ログイン(IDとパスの入力)
  2. Google二段階認証
  3. Depositタグ移動
  4. 各暗号通貨の情報をチェック(通貨情報では公式サイトなど基本情報がしっかりと確認できます。PACももちろんありますよ!)

この様な流れとなっています。

SPP内でデポジット(入金)操作動画

こちらの動画はデポジット(入金)の流れを紹介している動画です。

↑で画像で僕が紹介した入金と同様ですので、僕の説明で分かった人は見る必要はないですね。

SPP内でウィズドロー(出金)操作動画

つづいてウィズドロー(出金)方法の操作動画となります。

出金方法も確認しておけばさらに安心ですね。

SPPのアカウント作成のYOUTUBE動画

こちらも僕の説明で分かれば見る必要はありません!

確認したい方のみどうぞ。

SPPのGoogle2段階認証の設定と解除のYOUTUBE動画

こちらは2段階認証の設定動画となります。

トラブルが発生したら?

  • 入金が確認できない。
  • 出金したのにウォレットに届かない。
  • 報酬が発生していない

などなど、困ったことが発生した場合はサポートチームにメールすることが出来ます。

Supportタグをクリックします。

ここからメールを送ると、後日ここで入力したメールアドレスへ返信が送られてきます。

困ったことがあれば、サポートチームに連絡しましょう。

入金・出金の履歴確認

自身が行った入金や出金の履歴を確認したい場合は「Activity」内の「Withdraws and deposits」をクリックする事で確認できます。

SPPのDiscordコミュニティ

タグの中の下の方に「discord」があります。

その中の「Connect」からSPPのDiscordコミュにつなぐことができます。

PACNODEのDiscordへの直接リンクはこちらです。

SPPで問題発生!PACNODEのDiscordでサポートの使い方(チケット取得方法)

SPPのサポートは基本的にDiscordでしてもらうようになっています。

なので、まずは問題が発生した場合は、Discordを入れておきましょう。

 

PACNODEのDiscord内左側のタグから「en-support」をクリックします。

※enはイングリッシュの事です。他の言語が良ければ他のサポートページを利用しましょう。

「en-support」内のチャットにチケット発行の発言を書き込みます。

チケット発行はBOT(自動)になっているので、決まった形式で文章を書く必要があります。

↑このようにチケット発行したければ文頭に「-new」を付けます。

その後に半角空けて簡単なサポートが必要な内容を書き込みます。(例では入金したが反映されてないという内容を書いています。)

 

書き込むとすぐにBOTが反応しチケットが発行されます。

文末にある番号が、自分のサポートしてもらうチケット番号です。(今回は0349となっていますね。)

 

チケットが発行されると左側のタグに「TICKETS」という項目が増えているのがわかると思います。

このように自分が発行した「0349」のチケット専用のチャットルームが開設されています。

こんにちは! お問い合わせいただきありがとうございます。 残してください:

1)このプライベートチャンネルのあなたのプールのユーザー名(あなたのログイン名)
2)問題の簡単な説明
3)問題に関するすべての関連情報

すべての情報を、このチケットを読んでいる皆さんがあなたの問題が何であるか理解できるようにしてください。
他のサポートメンバーとのチャットは読んでいませんでした。

すぐにお返事させていただきます。
ご満足いただいた後は、必ず「閉じる」でチケットを削除してください。
チケットが閉鎖されると、このチケットのトランスクリプトをプライベートメッセージで受信します。

チケットのチャットルームでは最初にこの様に、まずどうするかが記されています。

1.SPPでのユーザー名

2.サポートしてもらいたい内容

3.サポートしてもらう内容の補足等

を書いて送信しましょう。

 

その後にサポートが開始します。

 

 

トラブルやわからない事などかなりスピーディに答えてもらえるので入っていて損はありませんね。

PACコイン&SIMPLE POS POOLの使い方まとめ

はい、今回は巷で話題のシンプルポスプールを利用してPACをコインをシェアマスターノードで増やしてみよう!ということで使い方を解説してみました。

PACコインのマスターノードは50万枚からなので、端数がある場合はどんどんシェアマスターノードを利用したほうがいいですね。

とはいえデメリットでも書いたように「サイトが無くなる」などのリスクもあることを頭に入れて利用しましょう。

SIMPLE POS POOLの公式サイト

 

PAC公式チームが推奨しているシェアリングマスターノードサービスサイトも利用していますので、そちらも気になる人はこちらの記事をどうぞ!

PACを公式推薦のシェアリングマスターノードのサイトを利用してみた!

 



スポンサードリンク


取引高NO.1の取引所BINANCE

バイナンス公式サイトは→http://bit.ly/BINANCE-Registratio

ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコイン・トークンも取り扱っている国内取引所Zaif