PACの将来はDASHを超える?性能や価格・ROIなどで比較してみよう

ゴリ男です。

 

PACコインは匿名通貨の代表ともいえるDASHをベースにしていると言われますが、

そもそもDASHとはどんな通貨なのでしょうか?

 

DASHの基本をまとめるともに、

現在のDASHの性能や価格、マスターノードのROIなど様々な角度からPACと比較してみました。

 

また、もしもPACが将来的にDASHに追いつく(超える)ようなことがあったら価格などはどうなる?

など、妄想もしてみたので良かったら見てください。

※おふざけ的な管理人の妄想ですが、結構楽しいので、よかったらあなたの意見や妄想、PACこうなったらいいななどもコメント欄で残しておいてもらうと、いろんな方の意見が集まってもっと面白いと思います!お待ちしてます。

PACのベースとなった匿名通貨DASHとは

文字でまとめようと思ったら、素晴らしい動画がありました(笑)

このDASHの特徴は匿名通貨の特徴とも言えますね。

 

そしてこのメリットは、そのままPACにも同様のことが言えます。

 

DASHはビットコインをベースに作られているアルトコインの一種です。

 

匿名性の高さと承認スピードの早さに特徴を持った仮想通貨で、

その匿名性の高いという特徴から2014年の公開時はダークコインと呼ばれていました。(その後改名して現在のDASHに)

 

ビットコインキャッシュのようなブロックチェーンフォークではなく、コードベースでのフォークとなります。

 

ビットコインが抱えている

  • 二重支払い
  • プライバシー問題
  • ファンジビリティ(本来援助しようとしたプロジェクト以外の分野に「流用」されてしまうという問題)
  • スケーラビリティ(性能・容量の問題)
  • 意思決定方法
  • 価格変動性
  • 資金調達

など、数々の諸問題をマスターノードとマイナーにブロック報酬を分配する(自己資金10%分配)ことで解決しようと作成された、

いわばビットコインの改良型の暗号通貨となっています。

DASHの特徴 ※DashJapan.comさんより引用

  • 取引承認速度が速い(インスタントセンドを使うと2秒以内にトランザクションがロック、通常送金なら平均15分で6承認)。
  • インスタントセンドを使うとマスターノードネットワークによりトランザクションがロックされるため二重支払いによる詐取が起きない(インスタントセンドトランザクションと競合するブロックは拒否される)。
  • Proof-of-WorkとProof-of-Serviceのハイブリッドモデルなので攻撃耐性が高い。攻撃者がブロックの再編成を試みる場合、51%以上のマイニングハッシュレートと51%以上のマスターノードを制御する必要がある。
  • オプション機能であるプライベートセンド(分散型で信用不要なコインミキシング)によりプライバシー保護性能と等価性(ファンジビリティ)を高めることができる。
  • 送金手数料が安い(2018年3月23日現在、1duffs/Byteの設定だと通常送金約0.09円~。Androidウォレットでの通常送金は約0.43円、Androidウォレットでのインスタントセンドは約4.3円)。
  • 世界最初の機能するDAO(分散型自律組織)で自己資金調達、予算編成(2018年3月の予算は時価で月額約2億6千万円)の仕組みを持つ。
  • マスターノードの投票による意思決定ができる。
  • ブロック報酬を分散(マイナー45%、マスターノード45%、自己資金10%)しているのでマイナーに権力が偏らない。
  • 既に存在する技術に基づいたスケーリング計画を持ち、ブロック拡張に成功している。
  • フルノードであるマスターノードがボランティアでなく報酬(2018年3月23日現在、8.28日ごとに1.67 DASH)を得て稼働しているので分散型を保ったままビッグブロックでのオンチェーンスケーリングに対応できる。
  • ハードフォークでもソフトフォークでもないスポークという安全なアップデート方法を持っている。
  • Evolutionという名のユーザーフレンドリーでUI・UXを重視したプラットフォームを開発中。
  • 採掘難易度調整が速い(1ブロックごと)。
  • ブロック報酬は半減期なしで1年(210240ブロック)ごとに7.14%減る。
  • マイナーが得る報酬はブロック報酬の45%であるため採掘にかかる消費電力がビットコインに比べて相対的に少ない。
  • ビットコインをベースにしたコインなのでビットコインとの互換性が高く、ビットコインを採用しているサービスへの統合が容易。
  • 創始者がプロジェクトに残留している。
  • スポンサーを必要としない30名以上のフルタイム開発者を含む60名以上が開発チームに所属する。
  • 報酬を得られるマスターノードに1,000 DASHという大口の担保が必要なため暗号通貨の中では価格変動性が比較的低い。

DASHの特徴とPACの特徴

このようにDASHの特徴を見てみると、PACはDASHをベースにしているだけあって、

ほとんどの項目がPACにもいえる特徴となっていますね。

 

違う点を挙げるとすれば、

ブロック報酬がDASHが(マイナー45%、マスターノード45%、自己資金10%)に対して、

PACは(マイナー5%、マスターノード75%、予算15%、チャリティー5%)となっています。

ビットコイン・DASH・PACの比較

ビットコイン DASH $PAC
アルゴリズム SHA-256 X11 X11
ブロック生成 10分 150秒 150秒
採掘難易度調整 2週間ごと 1ブロックごと 2016ブロックごと
総供給量 2100万枚 1774~1892万枚 1000億枚
自己資金調達 なし あり(ブロック報酬の10%) あり(ブロック報酬の15%)
ブロック報酬の内訳 マイナー100% マイナー45%、マスターノード45%、自己資金10% マイナー5%、マスターノード75%、予算15%、チャリティー5%
意思決定方法 ハッシュパワー マスターノードによる投票 コミュニティ
匿名化(送金時履歴難読化) なし あり あり
送金手数料 0.002BTC(1000円~2000円) 0.0003DASH(約100円) 0.000005PAC(ほぼなし)
送金スピード 平均10分以上 4秒 3秒以下
送金即時承認機能 なし あり(2秒以内) あり(1.7秒)

このように見比べてみても、DASHと$PACはかなり似ている部分が多いことがわかりますね。

総供給量や手数料、ブロック報酬などが違うてんに注目してみると面白いです。

$PACとDASHのマスターノードの比較(ROI・収入)

次にPACとDASHの特徴の1つであるマスターノードの報酬を比較してみましょう。

 

※正直を言うと、この比較はそれぞれの通貨が多少似ているというだけでおこなっているので、

比較になんの意味もありませんが、お遊びだと思って興味がある方のみ見ていただければと思います。

 

※この検証をおこなった日は2018年6月09日の価格でおこなっております。

(暗号通貨なので日々大きく変動することもあるので参考程度に見てください。)

DASHのマスターノードのROIや毎日・週・月収・年収

先にDASHのマスターノードの報酬を見てみましょう。

 

2017年に一気に人気に火がついたDASHですが、

現在の価格は3万円を超えていて、マスターノードの報酬もすごいですね。

時価総額も暗号通貨全体で13位にランクインされるほどの通貨です。

 

1日に6500円弱の権利収入となり、年間では236万円もの報酬が発生していることになります。

DASHのマスターノードを建てるには、1000枚必要となりますが、価格にすると3400万円弱となります。

ROI(投資した資本に対してのリターン)も7%弱程度と高くはありません。

 

このデータから見るとDASHは投資の対象としては円熟してきていると見ることもできます。(まだまだDASHの価格は上がるぞ!という意見も沢山あります。)

 

とはいえ、DASHが本格的に高騰してきたのは2017年からです。

 

僕が仮想通貨の世界に足を踏み入れたのが2016年なのですが、

その時のDASHの価格は確か1000円辺りをウロウロしていたような気がします。(僕はその時はリップルを買いました)

 

DASHが売りに出始めた頃は1ドル以下だったという点からも、

どの通貨が今のメインアルトのような価格になってもおかしくない状況は続いています。

PACのマスターノードのROIや毎日・週・月収・年収

こちら、最近人気が出てきたPACのマスターノードのデータとなります。

 

時価総額や通貨自体の価格はまだまだ小さいものの、

ROI(投資した資本に対してのリターン)が96.3%もあります。

 

PACのマスターノードを建てるのに必要な枚数は50万PACで現在の価格だと約34万円程度です。

 

この価格でROIが100%近くあるというのは、

投資対象として見た場合に「早い段階で投資に参入した」といえると思います。

 

この先、PACのマスターノード保持者が増えたり

PAC自体の価格が上がっていけば、

現在のDASHの様にMNを設置するだけでも資金的に困難になるケースも考えられます。(参入できたとしても失敗したときの損失が大きい)

 

そのあたりは、PACの将来をどう見ているか?

によって個人それぞれが判断する部分となりますね。

 

とはいえ、現在の価格でも1日に900円弱の権利収入をもたらしてくれるというのは大きいと僕は考えています。

年間にすると33万円弱の権利収入となります。

 

34万円の投資で1年間で33万円が返ってくる案件というのは、

盛り上がっている暗号通貨ならではと言えるのではないでしょうか。

 

DASHは現在、価格がかなり上がっているので今からマスターノードを

建てるというのは難しいかもしれませんが、PACならまだまだ建てることができますね。

 

最近は、PACのマスターノードがかなり注目されていると僕が考えているのには理由があります。

それは、僕のブログの↓の記事の読者がすごく増えていることです。

新PAC($PAC)のマスターノードをVPSで設定する方法と手順

 

この記事は、PACのマスターノードの設置方法の手順を書いたものですが、

$PACにフォークされた3月以降からコンスタントに読者様に訪れてもらっています。

 

いろんな方の質問などもコメントに残っているので、

参考にできる事例などもあり、これからPACに参入を考えている人にはぜひ見てもらいたいです。

 

また、人によっては50万PACというのが大きな壁となり、「30万枚しか買えていない」とか、

「とりあえず10万枚から!」と、いう人も多いと思います。

そんな人達がよく見てくれている記事が共有マスターノードの記事です。

 

こちらは、

50万枚持っていないので自分でマスターノードを建てることはできないけど、

代わりに設置してくれるサービスに参加して、自分が参加した分の枚数の報酬をもらえる

という仕組みを利用したサイトの利用方法になっています。

 

こちらでコツコツと増やして

「自分のマスターノードを設置できました!」

という連絡をもらえた時は本当に嬉しいです。

 

現在のPACホルダーさんは、かなり早期段階での参入だと思いますので、

ぜひサービスを利用してPACの枚数を増やしましょう!

PACコインのシェアマスターノードができるSIMPLE POS POOLの使い方

DASHとPACの仮想通貨取引所の比較

それでは、次に世界でも人気のアルトコインとして認知されているDASHと、まだまだ草コインに分類されるPACを取り扱っている仮想通貨取引所を見てみましょう。

DASHを扱っている仮想通貨取引所

CoinMarketCapの画像を見てもらうとわかるとおり、すごい取引量です。

これが、13位の実力ですね~。

 

調べてみると、DASHを取り扱っている通貨取引所は以下の63の取引所もあるようです。

ABCC
Abucoins
ACX
Bibox
Binance
BiteBTC
Bitfinex
Bithash
Bithumb
Bitibu
Bittrex
Bit-Z
Bleutrade
Braziliex
BTC Trade UA
BTCSquare
BuyUcoin
C-CEX
CEX.IO
CoinEx
Coinexchange
Coingi
Coinhouse
Coinrail
Coinroom
CoinsMarkets
Coinsuper
COSS
CREX24
Crypto Hub
CryptoBridge
Cryptopia
EXMO
ExtStock
FEX
Gate.io
HitBTC
Huobi
Kraken
KuCoin
Lbank
Liqui
LiteBit
Livecoin
Mercatox
NLexch
Novadex
Novaexchange
OKEx
Ore BZ
Poloniex
Qryptos
Quoine
SouthXchange
Stocks.Exchange
Tidex
Trade Satoshi
TradeOgre
Tux Exchange
Upbit
WEX
YoBit
ZB

BINANCEやUPbit、houbiなど各国の大手取引所でも取り扱われています。

PACはどうでしょうか?

$PACを扱っている仮想通貨取引所

CryptoPia

TRADE SATOSHI

Yobit

Crex24

OCTAEX

CoinExchange

CryptoHub

Bitexlive

CryptoBridge

NiByx

MySpeedTrade

CryptalDash Exchange

C-PatEx

MySpeedTrade

TopBTC

 

PACは現在15の取引所に上場しています。

ちなみに、現在の新PACにフォークした当初はクリプトピアとYobitしかありませんでした(笑)

その時に比べたら、わずか数ヶ月で次々と取引所に上場して、ついに取引量20位以内のTOPBTCにも上場を決めました。

 

更に、数々の大手取引所をつなぐ新しいスタイルの仮想通貨取引CryptalDash Exchange

にも上場を決定しているため今後のPACの活躍も楽しみにしています!

 

今後も、どんどん取引所は増えていくと予想しています!

次はBINANCEかOKExあたりに上場ですかね~(笑)

妄想爆発!もしもPACがDASH並みに価値が上がったら?

ここからは、完全に管理人の妄想記事です(笑)

こうなったらいいな。

こういう流れになってほしいな。

あんなこといいな。

できたらいいな。

あんな夢こんな夢いっぱ(ry

という、内容ですので本気にしないでくださいね!

DASHの時価総額にPACが追いついたら価格はどうなる?

まずは、DASHとPACの時価総額を見てみましょう。

PACが日本円で30億円弱なのに対して、DASH先輩は2760億円程となっています。

その差約92倍!!

 

PACの現在の価格が0.7円程なので、それが92倍になると?

64.4円か~、ふむふむ非現実できな数字ではないぞ!

 

ちなみにDASHは時価総額で全通貨の中で13位という輝かしい順位です。

つまりPACが13位程度にならないと、この価格は実現しないというわけですね。

 

あ、この妄想は、現段階の仮想通貨全体の時価総額に対して掲載んしています。

また総発行枚数の違いによる価格推移の違いなども考慮していない、完全妄想の世界です。

PACの総発行枚数をDASHの総発行枚数と揃えたらどうなる?

DASHとPACでは通貨自体の発行枚数が違います。

PACは最終的に約1000億枚を上限としていて、現段階で35億枚程発行されています。

DASHはというと最高で約1900万枚が上限となり、現在は約800万枚ほど流通しています。

 

最終的に1:5000もそう発行枚数が違うわけですね。(DASHを2000万枚で計算した場合)

 

もちろん枚数だけが通貨の価値を決めるわけではありませんが、

DASHと同じ時価総額になったとしても、さっきの計算のようにはいかないようです。

※実需がまだ殆どない世界なので、今後の動き次第ではどちらもまだまだ爆発するポテンシャルはあると思います。

理想と妄想が暴走した!仮想通貨の時価総額も上がり、PACが20位にランクインしたらどうなる?

※僕の妄想を聞いた皆さんの図↑

  • なにをバカなことを言っているんだ!
  • フザケてる!
  • ちょっとなに言ってるかわからないです。(サンドウィッチマン)

という声も聞こえてきそうですが、こういった妄想をするのも楽しいでもう少しだけお付き合いください。

 

現在の仮想通貨全体の時価総額はご存知でしょうか。

大体30兆円~40兆円をいったりきたりしていますね。

 

では、よく仮想通貨の世界と比べられる株式の時価総額はというと、、、

確か7500兆円~8000兆円の間くらいだったと思います。

その差、約200倍です。

 

実は仮想通貨の時価総額は、日本【のみ】の株式総額から見てもまだ1/10の程度しかないんですね。(ちなみにトヨタだけで24兆円位の時価総額があります。)

これを多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれるところですが、僕はまだまだ少ないと思っています。

 

仮想通貨・暗号通貨自体は2017年のブームから一気に世間に知れ渡っていますが、

実生活において仮想通貨が入り込んできているという例はまだほとんどありません。

 

今後の世界で、

  • 世界の銀行の送金にPACが使われるようになった!
  • Amazonでもebayでも楽天でもPACで買い物できる!
  • 〇〇の国で公式デジタル通貨としてPACが選ばれた!

※縁起がいいように全てPACで例を表しています(笑)

 

と、いうようなことが起きたら、仮想通貨の世界へ流れ込んでくる人が急激に増えてくると考えています。

 

もし、仮に株式総額の1/10(800兆円)でも仮想通貨の世界に入ってきたら

現在の仮想通貨時価総額の20倍ですね。

 

そうなった場合、単純に全体の価格が等しく上がったとして

PACの価格も0.7円→14円となると予想します。

 

ん~、これだと物足りませんね~

 

この段階の妄想ワールドですと、PACの総額ランキングは300位代のままでしたね。

これも、20位くらいまで上がっていくのが妄想ワールドの世界です(笑)

 

○▼※△☆▲※◎★●! ○×※□◇#△!

 

はい、これでPACの実需が大幅に増えて、仮想通貨の時価総額ランキング20位にまで食い込みました。

すばらしいですね~

 

現実世界の20位の通貨はOntologyで、時価総額は1100億円。

世界は仮想通貨ブームで、株式の時価総額の1/10が仮想通貨の世界に流れ込んできたとしましょう。

 

1100億円 × 20倍 = 2.2兆円

 

現在30億円の時価総額で0.7円

 

2.2兆円となったPACの価格は・・・

 

513.3円!!!

 

嘘だろおい!!(笑)

 

やったぜ!!!

 

マスターノードを持っている方なら、1回分の報酬が500万円になりますな(笑)

 

 

はい。

 

 

はい。

 

 

いいですかー?

 

 

戻ってこれましたかー。

 

 

ゴリ男はあぶなく、妄想の世界にそのまま在住したくなりましたが、なんとか振り切って返ってきました。

 

コレは管理人の妄想ワールドの話ですが、将来の通貨の辿る道やどういったところに使われるのか?

と、いったことを考えるのは楽しいですよね。

 

追伸

BTCや有名アルトコインなどでは、こういった話題が度々されていますが、

PACではあまり見かけないので(保有者数的に仕方ないと思いますが)面白半分で書いてみました。

 

ぜひ、コレを読んだPACホルダーのあなたも、PACの将来のビジョンや意見、こうなったらいいな~を

コメントなどで残していただけると、僕も色んな意見を読むことができて嬉しいです。

 

肯定的でも否定的でも構いませんので、お待ちしております゚m(_ _)m

 

 

 

 

 

 




大注目のSPPでPACを複利運用してみました!登録方法から実際にSPPへの入金まで画像つきで書いてみました。他多数の暗号通貨もあるので見てください。

取引高NO.1の取引所BINANCE

バイナンス公式サイトは→http://bit.ly/BINANCE-Registratio

スポンサード リンク


ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコイン・トークンも取り扱っている国内取引所Zaif